浄土真宗は「他力」の宗教です。

 親鸞聖人(1173-1262)を開祖とし、その教えは、念仏を称(とな)えるものは、たとえどのようなものであろうと分け隔てることなく救われる、すなわち凡夫の救済が説かれているのです。その救済は、阿弥陀という仏が自らの誓いとして、わが名を称えるものは、ただちに自分の国(浄土)へ一切すべてを平等に迎えとろうという誓願(本願)を立てられたことに基づいています。われわれ凡夫は阿弥陀仏の名を聞き、「南無阿弥陀仏」と称えることによって救われる。他力、人間がすくわれていることを言いあらわす「南無阿弥陀仏」に身をゆだねること、それが浄土真宗の真髄にうちこまれているのです。