百年前の昨日1922年7月6日(木) 井上正子日記

1922年(大正11)7月6日

七月六日 木曜日 晴 起床六時 就眠十時

夜日暮しへ母上と行く。

静かに従弟の病室に入る。陰気な様。

可愛い瞳はとじられていた。真赤な顔。幾日かの病になやまされたいたいたしい身体。見れば見る程涙はあふれる。

幼い子は短い生涯にわびしく死んで行くのだ。

細い手を握りしめて、はかない命に私は涙をながした。

今朝から一層悪くなったとの事。一さじの牛乳ものどへは通らない。

唯酸素吸入によって持てているのだ。

長い間の看病に疲れはてていらっしゃる伯母様に、種ちやんの経過を聞いている時、私はあまりに弱い人の力に、私はまたため息がもれるのだった。

安らかにと祈って去る時、従弟は大きい音にのどをかきむしられる様にしていた。〝今晩か明日でしょう〟とのお言葉に、又深い悲しみに胸をとざされつつ帰途につく。

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1922年(大正11)8月28日 八月廿八日 月曜日 晴 起床五時 就眠十時 朝食後、直に大谷大谷[東山の大谷祖廟/図地 g-3]へ参詣に行く。黒味を帯びたる緑の松の木の間からかすかに美しい朝の日の光はさしこんでいる。 石の敷石は掃き清められているのが遠く連なっている。 二、三の人影が見える。私の歩む下駄のひびきがはっきり分かる。 静かな朝の気分にうっとりとひたりながら何にも考えないで足を運ばせる