百年前の昨日1922年7月6日(木) 井上正子日記

1922年(大正11)7月6日

七月六日 木曜日 晴 起床六時 就眠十時

夜日暮しへ母上と行く。

静かに従弟の病室に入る。陰気な様。

可愛い瞳はとじられていた。真赤な顔。幾日かの病になやまされたいたいたしい身体。見れば見る程涙はあふれる。

幼い子は短い生涯にわびしく死んで行くのだ。

細い手を握りしめて、はかない命に私は涙をながした。

今朝から一層悪くなったとの事。一さじの牛乳ものどへは通らない。

唯酸素吸入によって持てているのだ。

長い間の看病に疲れはてていらっしゃる伯母様に、種ちやんの経過を聞いている時、私はあまりに弱い人の力に、私はまたため息がもれるのだった。

安らかにと祈って去る時、従弟は大きい音にのどをかきむしられる様にしていた。〝今晩か明日でしょう〟とのお言葉に、又深い悲しみに胸をとざされつつ帰途につく。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1922年(大正11)8月13日 八月十三日 日曜日 晴 起床五時半 就眠十時 盂蘭盆で仏壇をきれいにしてある。 今年は種ちゃんが新仏になってしまった。 もう直ぐに月忌がっき[月命日]が来る。 種ちやんが可愛い可愛い人であっただけ、思い出すのが事々に多くてその死がいじらしい。 1922年(大正11)8月14日 八月十四日 月曜日 晴 起床六時 就眠十時 弟が少し風邪を引く。寝冷えでもしたのだろう。

1922年(大正11)8月11日 八月十一日 金曜日 晴 起床五時半 就眠十時 朝さっそく海へ入って、朝食をするなり帰途につく。 京都につく。私等はまず美しい京都を、大阪にくらべてやっぱりいいのねとささやく。 けれど、商工業地だけあって、大阪は賑やかだが、京都はとてもそれには及ばない。 父上にありあまる話をつぎつぎとする。 1922年(大正11)8月12日 八月十二日 土曜日 晴 起床六時半 就眠