百年前の昨日と今日 1922年7月19日(水)20日(木) 井上正子日記

幾年か満州の風におあたりになった故か


1922年(大正11)7月19日

七月拾九日 水曜日 晴 起床六時 就眠十時半

叔母様に久々にお会いする。

幾年か満州の風におあたりになった故か、伯父様と同じ様な満州色をした顔になっていらっしゃったのに先ず驚く。

悦ちゃんがなつかしいお母様に会ったので、嬉しそうに大きいほほにえくぼを入れていた。

夜京極へ散歩に行く。まだお祭の神輿がお旅町[〈御旅町〉四条通寺町西入ル]にまつってあった。

伯母様〝田舎者が町へ出ると、沢山欲しいものがありますよ〟ってほほえまれながら、お土産のものを沢山買っていらっしった。


1922年(大正11)7月20日

七月二拾日 木曜日 晴 起床六時 就眠十一時

悦ちやん成績表いただいて来る。今度から甲乙でなく点数になったので評点がはっきり分かる。勉強したらしく、いつもよりよく出来ていた。

従弟の初七日の逮夜なので、父上も母上も伯母様も日暮しへおこしになる。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1922年(大正11)8月13日 八月十三日 日曜日 晴 起床五時半 就眠十時 盂蘭盆で仏壇をきれいにしてある。 今年は種ちゃんが新仏になってしまった。 もう直ぐに月忌がっき[月命日]が来る。 種ちやんが可愛い可愛い人であっただけ、思い出すのが事々に多くてその死がいじらしい。 1922年(大正11)8月14日 八月十四日 月曜日 晴 起床六時 就眠十時 弟が少し風邪を引く。寝冷えでもしたのだろう。

1922年(大正11)8月11日 八月十一日 金曜日 晴 起床五時半 就眠十時 朝さっそく海へ入って、朝食をするなり帰途につく。 京都につく。私等はまず美しい京都を、大阪にくらべてやっぱりいいのねとささやく。 けれど、商工業地だけあって、大阪は賑やかだが、京都はとてもそれには及ばない。 父上にありあまる話をつぎつぎとする。 1922年(大正11)8月12日 八月十二日 土曜日 晴 起床六時半 就眠