百年前の昨日と今日 1922年7月12日(水)13日(木) 井上正子日記

奇蹟と云う事がある。私たちは奇蹟を信じたい心持ちになっている。


1922年(大正11)7月12日

七月十二日 水曜日 晴 起床六時 就眠十時半

やかましい試験もすんだ。どんな成績があたえられるか私は考えない。

先生と賀茂の方へつれていただく。

緑の木陰に安らかにのびのびとやすむ。

苦しい試験の事はすべて忘れて……


1922年(大正11)7月13日

七月十三日 木曜日 晴 起床六時 就眠十時

従弟はあのままの状態でまだもてている。

こんなにもてるのなら助かるのかもしれないなんて事まで云う。

心臓が強いのかしら、一つの食物も取らず衰弱し切った身体なのに。

奇蹟と云う事がある。私たちは奇蹟を信じたい心持ちになっている。


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1922年(大正11)8月13日 八月十三日 日曜日 晴 起床五時半 就眠十時 盂蘭盆で仏壇をきれいにしてある。 今年は種ちゃんが新仏になってしまった。 もう直ぐに月忌がっき[月命日]が来る。 種ちやんが可愛い可愛い人であっただけ、思い出すのが事々に多くてその死がいじらしい。 1922年(大正11)8月14日 八月十四日 月曜日 晴 起床六時 就眠十時 弟が少し風邪を引く。寝冷えでもしたのだろう。

1922年(大正11)8月11日 八月十一日 金曜日 晴 起床五時半 就眠十時 朝さっそく海へ入って、朝食をするなり帰途につく。 京都につく。私等はまず美しい京都を、大阪にくらべてやっぱりいいのねとささやく。 けれど、商工業地だけあって、大阪は賑やかだが、京都はとてもそれには及ばない。 父上にありあまる話をつぎつぎとする。 1922年(大正11)8月12日 八月十二日 土曜日 晴 起床六時半 就眠