百年前の今日1922年6月15日 井上正子日記

従妹の悦ちゃんが童謡《ダリア〔ヤ〕》を独唱したのである


1922年(大正11)6月15日


六月十五日 木曜日 晴 起床六時 就眠十時

市立いちりつの創立記念日である。厳粛な式の後開かるる学芸会のことを想いながら帰途につく。その頃はもうとっくに会はすんでる筈であったから。

従妹の悦ちゃんが童謡《ダリア〔ヤ〕》を独唱したのである。

可愛い声で毎日練習していただけ上手に出来たそうである。



若山牧水 作歌 本居長世 作曲「ダリヤ」 (『金の船』第2巻 第6号 大正9年〈1920〉6月, キンノツノ社)


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1922年(大正11)6月27日 六月二十七日 火曜日 晴 起床六時 就眠十時 夜、父上、母上、弟は日暮し[等観寺]へお見舞いにおこしになる。 種ちゃんは依然としてよくもならねば悪くもならぬとの事である。 米国アメリカの兄さんは種ちゃんの小さい生が、暫くの中にうばはれるとの宣告を受けた事も知らないので、種ちゃんの夏服を送ったと云うお手紙が来ていると云う話を聞けば、胸のいたくいたくなる様な気がするの