百年前の今日 1922年7月18日(火) 井上正子日記


1922年(大正11)7月18日

七月拾八日 火月曜日 晴 起床五時半 就眠十一時

休暇になってからばたばたといそがわしく、日記をいつのまにか三日も過ごしてしまった。

午後、安東県の伯母さま[安東県の伯父 桑門 環たまきの妻 リナ]から、明日お越しになる電報が来た。

悦ちゃんは足かけ三年越しの間、お目にかからない母上故、色々の事想像して喜んでいる。私も長い間お目にかかった事がないから、どんなにおな/明日が待たれる。


*日記本文は、〈/〉でページを書き切り、次ページ冒頭に「明日が待たれる」と続く。記者 正子の書き損じヵ。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1922年(大正11)8月13日 八月十三日 日曜日 晴 起床五時半 就眠十時 盂蘭盆で仏壇をきれいにしてある。 今年は種ちゃんが新仏になってしまった。 もう直ぐに月忌がっき[月命日]が来る。 種ちやんが可愛い可愛い人であっただけ、思い出すのが事々に多くてその死がいじらしい。 1922年(大正11)8月14日 八月十四日 月曜日 晴 起床六時 就眠十時 弟が少し風邪を引く。寝冷えでもしたのだろう。

1922年(大正11)8月11日 八月十一日 金曜日 晴 起床五時半 就眠十時 朝さっそく海へ入って、朝食をするなり帰途につく。 京都につく。私等はまず美しい京都を、大阪にくらべてやっぱりいいのねとささやく。 けれど、商工業地だけあって、大阪は賑やかだが、京都はとてもそれには及ばない。 父上にありあまる話をつぎつぎとする。 1922年(大正11)8月12日 八月十二日 土曜日 晴 起床六時半 就眠