百年前の今日 1922年6月10日 井上正子日記

更新日:6月11日

正午、寺院や教会の鐘や太鼓が一斉に京都市にとどろき渡つた。

1922年(大正11)6月10日


六月十日 土曜日 雨 起床六時 就眠十時

朝から今日はひどい降りだった。

久しぶりに降ったのだもの、どんなに乾天〔旱天かんてん〕になやんでいた園丁えんていや百姓はどんな喜んだ事であろう……と一番に思った。

四時間目の授業時間に全部講堂に集まり、高等師範学校の西村先生より〈時の記念日〉であるため輪廻のお話を承る。

正午、寺院や教会の鐘や太鼓が一斉に京都市にとどろき渡つた。




閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1922年(大正11)6月27日 六月二十七日 火曜日 晴 起床六時 就眠十時 夜、父上、母上、弟は日暮し[等観寺]へお見舞いにおこしになる。 種ちゃんは依然としてよくもならねば悪くもならぬとの事である。 米国アメリカの兄さんは種ちゃんの小さい生が、暫くの中にうばはれるとの宣告を受けた事も知らないので、種ちゃんの夏服を送ったと云うお手紙が来ていると云う話を聞けば、胸のいたくいたくなる様な気がするの