百年前の今日 1922年5月27日 井上正子日記

1922年(大正11)5月27日


五月二十七日 土曜日 晴 起床六時 就眠十時


天野先生より運動会の日私達の球竿ダンスの最も色彩的に美しかつた事をおつしやつていたゞく。それは丁度午後近くであつたため、太陽がいゝ工合に球竿の球に反射したためであると承り私達はほんとに満足するのであつた。図画の時、記念日の間、最も印象に残つた事を書けとの事、皆てんでに変なものを書いて先生のお笑ひ草にするのであつた。



正子の描いた山茶花(?)の絵(年代不詳)

閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1922年(大正11)6月27日 六月二十七日 火曜日 晴 起床六時 就眠十時 夜、父上、母上、弟は日暮し[等観寺]へお見舞いにおこしになる。 種ちゃんは依然としてよくもならねば悪くもならぬとの事である。 米国アメリカの兄さんは種ちゃんの小さい生が、暫くの中にうばはれるとの宣告を受けた事も知らないので、種ちゃんの夏服を送ったと云うお手紙が来ていると云う話を聞けば、胸のいたくいたくなる様な気がするの