百年前の今日 1922年5月22日 井上正子日記

更新日:5月23日

1922年(大正11)5月22日


五月廿二日 月曜日 晴 起床五時 就眠十時半

運動会は無事にこの美しい第一日和の中にすんだ。

多くの卒業生を迎へ、目覚ましく働く乙女等の胸は元気な運動会の大成功に終はらん事のみを念じてるのであつた。

一年の可愛いゝダンスから、高等科、専攻科の方までもの、ダンスに、競走遊戯にみんなは騒ぐのであつた。

私等の球竿ダンスも上手に出来たつて、みんなから褒められるのであつた。

競走遊戯、風車競走、蛇行旗送りは面白く終はつた。

私等は最後の学級競走待たれるのであつた。

其の番に来た時、全生徒は熱狂した。奮起して手に手に各級の色を握りしめ、選手の出場を待つたのである。

ドン…銃声、そら開始された。一斉に皆の叫び声は青空をつき抜けるまで響いた。その手は、空に力強くふりまはされながら各自の級の優勝を祈つた。

あゝけれど悲痛! 最初二番であつた五年生は、色々の手違いから、あゝ其の願つた優勝は得る事が出来なかつた。

私達は選手を取りかこんで泣いた。泣かずにはいられなかつた。

山田さんの手や足はいたましく白繃帯に巻かれてあつた。

けれど私達は選手を慰めて、数分間後には盛んな美しい、又と見られない卒業生のプロネード[団体行進]に手を打つてるのだつた。

終はりに万歳の声を校庭にひゞかせて帰路についた。





閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1922年(大正11)6月27日 六月二十七日 火曜日 晴 起床六時 就眠十時 夜、父上、母上、弟は日暮し[等観寺]へお見舞いにおこしになる。 種ちゃんは依然としてよくもならねば悪くもならぬとの事である。 米国アメリカの兄さんは種ちゃんの小さい生が、暫くの中にうばはれるとの宣告を受けた事も知らないので、種ちゃんの夏服を送ったと云うお手紙が来ていると云う話を聞けば、胸のいたくいたくなる様な気がするの