百年前の今日 1922年5月21日 井上正子日記

1922年(大正11)5月21日


五月二十一日 日曜日 晴 起床六時 就眠十時


二日目の記念事業の追悼祭は午前八時から挙行された。

神官によつて人生に於いて最も悲痛な死、それによつて此の記念式に列席する事の出来なかつた人々の冥福は祈られたのである。

午後学芸会が開かれた。

最も可愛いく思はれたのは本科一年生の談話や唱歌だつた。

朗読にしても英詩暗誦にしても中々達者に、美しい声と発音に感心させられた。本科五年の席画には次々と美しく画かれる、巧みな筆に大かつさいするのであつた。

四年のコーラスには宮様もお歌ひになつて上手だつた。

ピアノ独奏は今村さんのが一番いい様な気がするのだつた。

本科三年の歴史と文化は三年とは思はれぬ程、立派な統一した文体で話す人の態度も口調も堂々たるのには感心した。

独唱は松村さんも丹波さんも美しい声音と巧みな唱ひぶりに皆歌の終はるまで緊張するのであつた。

英語対話と浦島の対話には皆すつかり感心してしまつて、実際其の稽古と出演者の熱心とが推しはからるゝのであつた。

お教へになつた先生方の御心労もどんなだつたらうとつくづく考へさせられる程私等は感じ切つたのであつた。

だけど私等が出演した合唱については今こゝでこれを書き記す事の出来ぬ程駄目だつた。今日の中で最も悪かつたと云はれても私等はうつぶいて黙してねばならぬ程哀れなものであつた。やはり私等が下手だつたのだと悲観してしまつたのである。

情けなくてたまらない。




閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1922年(大正11)6月27日 六月二十七日 火曜日 晴 起床六時 就眠十時 夜、父上、母上、弟は日暮し[等観寺]へお見舞いにおこしになる。 種ちゃんは依然としてよくもならねば悪くもならぬとの事である。 米国アメリカの兄さんは種ちゃんの小さい生が、暫くの中にうばはれるとの宣告を受けた事も知らないので、種ちゃんの夏服を送ったと云うお手紙が来ていると云う話を聞けば、胸のいたくいたくなる様な気がするの